全然タメにならない26歳の日常。

ひたすらオチなく弱音吐いたりしてます。写真や絵が好きです。雑貨ブランド「ハヤシミユウ(-1.O.+I)」読んでいる人のことは考えずひたすらぼやぼや。

布団から出る意味を見つけた、

 

 

 

わたしは、アクセサリーを作るまでずっと塞ぎ込んでいる状態でした。

夜は眠れなくて、朝は起きられなくて、布団から出る意味がないと思っていたのでとにかく布団の中にずっといました。

 

けどある日、東京で休職しているときに少し買っていたアクセサリーのパーツを思い出しました。

東京にいるときも気分転換にアクセサリー作りを少ししていたんですが、そのときは特に快復に向かうこともなく、黙々とできるけど結局日常は変わらず。みたいな。

 

それでアクセサリーを作るようになると、なんだか急に布団から出る意味を見つけるようになりました。

 

朝かお昼に目が覚めて、「あっ!何か作ろう!」って布団から飛び出て、ひたすら黙々と何か作ることをしました。

母も私が作っているところを見て「これ可愛い〜!」とか声をかけてくれて、母と対等に、何も濁ったものがない状態で会話をするきっかけにもなりました。

 

そしてずっと尻込みしていたアクセサリー販売、スキルも全然ついてきていないけど、とにかくやってみようと思いました。

 

今思うと、ブログも始めていてツイッターでも自分のことをさらけ出すようになって、何も怖いこともないなと思っていたなあと思います。

それに、私の周りの人が本当にいろんな反応をくださって、コメントやいいね、購入、いろんな形で反応をくださりました。

それでわたしはどんどん本来の自分を取り戻せた気がするし、あぁ存在してもいいんだなって思うことができました。

 

そして今のサイトで販売を始めて、ビジョンに向かって行く方法はアクセサリー販売という方法にもあるんだなと気づくことができました。

 

これに気づいて、"お仕事をしないといけない""お仕事で稼がないといけない"という呪縛から解き放たれて、もう少しマイペースに働き方を見つけていこうと思いました。

 

なんであんなに焦ってたのか自分でも怖いくらい焦ってたなあ。笑

 

 

あ、お話はここで終わりなんです。笑

いつも通り、オチなしぼやき。

けどこういうことを「綴りたい!」と思ったときに、前にも同じようなことを言っていても、このときこういうことを考えているということを書き留めておきたい。

きっとこういう積み重ねは、今後生きて行く中で何かになるかもしれないから!さ!

 

やっぱり、うつ病とか、精神的に弱っている人の支えになりたいなあと思う今日でした。特別なことができなくても、ほんの少しのことで支えられるんやなあっていうのを身を以て知ったからこそ、できることを見つけていきたいなあ。

 

まず今は、わたし自身の快復に向けて、まったりといきます。

 

 

 

 

あっ。今、アクセサリーの年末セールをしています!

もしよければのぞいて見てください(^^)

minus1-zero-plusi.com