全然タメにならない無職(25歳/女)の日常。

なにもかもうまくいかないってこういうこと。笑 ひたすらオチなく弱音吐いたりしてます。あ、写真や絵が好きなのでそれもたまに。読んでる人のことは一切考えていません。

墓場まで持っていけないコンプレックスがある。

 

 

実は、墓場まで持っていきたいのに持っていけないコンプレックスがあります。誰にも言ったことがなくて、本当は言いたくなくて、伝わらないでほしくて、けど恋人にはどうしても伝わってしまいます。

 

このことで悩みすぎて、どうせ私は誰にも愛されない。愛してもらえない。知った途端にみんな離れていく。と思って死のうと思ったことがありました。

 

なんでそんなに、そのコンプレックスでネガティブになるかと言うと、ネットで調べると恋人さんがそのコンプレックスを持った恋人さんに対して悩みを打ち明けています。

 

「結婚も考えるほどの人で愛していますがどうしてもダメです。」

「好きだけどそれが無理すぎて別れたいどうすればいいですか。」

「恋人が◯◯(コンプレックス名)で地雷踏んだオワタ」

 

こんな感じ。

そんなに愛してるのにダメなんだ、なんなら好きでこのコンプレックスを持っているわけじゃないのに、このご時世にこんなにバカにされるし簡単に中傷されるんだ、と思いました。

 

改善方法を調べて、一応方法はあるけどだいぶ勇気がいるものだし、怖いし、確実になくなるわけでもないし。そして改善方法を調べようとすればするほど出てくる中傷。

 

もう恋人を作ることなんてできないんだーって中学生の頃に思いました。恋人ができても絶対にバレないように、バレるようなことは避け続けました。

 

コンプレックスって、そんなに簡単に受け入れられるもんじゃないよね、これに関しては成功体験とか受け入れてもらえたことがまだ1回もないからまだまだ無理だー、、

 

本当にわたしきらい。