全然タメにならない無職(26歳/女)の日常。

ひたすらオチなく弱音吐いたりしてます。写真や絵が好きです。雑貨ブランド「ハヤシミユウ(-1.O.+I)」読んでいる人のことは考えずひたすらぼやぼや。

恋人じゃないけど、恋人みたいな人ができた。

 

 

 

付き合うってなんなんだろう。

恋人の在り方、付き合い方、うんぬん。ぬん。よくわからない。

 

恋人は大切な存在。

けど恋人が嫌がることをしちゃうとき、悲しむことをしちゃうときあるよね、ひみつ。

 

恋人は特別な存在。

けど友達と恋人を比べるものでもないし、特別ってなんなんだろうなあ。

 

恋人だからといって、法的な拘束力があるわけじゃないし、言ってしまえば口約束だよね。約束だから恋人という立ち位置にはあなたしか置きません。

 

恋人っていうだけで、一体なにが変わるんだろう。気分るんるんになることもあれば、いつもより頑張れちゃうこともあれば、相手のために行動できちゃうこともあれば、いろいろあれば。

 

 

ということで、恋人じゃないけど、恋人みたいな人ができました。2人でなんだか神秘的だねと言いました。

加えて、このふわふわした関係、これもまた不思議だよね。けどこのふわふわがきっと、相手にとっても居心地がいいし、私にとってはふわふわを練習するいい経験になる。だってお互い、ふわっと心が近いなとは感じているからなんだかわからないけどいい。あ、いいなと思ってるのはわたしだけかもしれないけど。笑

 

わたしははっきりさせたがりだから、「なんだかこの関係性に定義をつけたいがふわふわしたのがいいな、」って言ったらお相手さんは「ふわっとわかりあおう」と言いました。いいことば。ふわっとわかりあう。都合がいいとはまた違うんだよね、きっとお互い大切なんだよね、

 

電話もするし、家にも行くし、セックスもするし、一緒にお笑いも見るし、ご飯も食べるし、そんな感じなんだろうな、ふわふわっと。

 

おやすみなさい。雲の上。