全然タメにならない無職(25歳/女)の日常。

なにもかもうまくいかないってこういうこと。笑 ひたすらオチなく弱音吐いたりしてます。あ、写真や絵が好きなのでそれもたまに。読んでる人のことは一切考えていません。

寝ると人格が変わったかのような、

 

 

おはようございます。

 

今日の朝に投稿した「25歳の子を飼っている」の記事。

この記事を書いて2度寝、そして起きたときに自分で読んで、びっくりした。全然嫌悪感とかはないけど、自分に対して「おお、、」と思った。

 

f:id:u01235:20181002103125j:plain

あ、昨日UFOキャッチャーで我が家に来てくれた子たち。くまさんの絶妙な佇まいがかわいい。それともちしばの「きなこちゃん」と「さくらちゃん」。ちなみに後ろのすてきな布は、「アトリエ・エレマン・プレザン」というダウン症の方々が作品を作られているアトリエのものです。友達とLUSHに行ったときに一目惚れして、友達と買いました。同じものを。笑

 

夜に気持ちがぶわわとなることが多くて、「波来た!」と思ったらできるだけ頑張って寝るようにするけど、寝ると本当に気持ちが落ち着いて、昨日の人誰だったんだろうって思う。

 

たぶん自分に対して感じた「おお、、」も、ちょっと今の自分の気分と違いすぎてもはや誰だろうっていう感じ。

もちろんそういう願望を持った自分を知っているし、むしろ素直すぎる気持ちなんだろうなと思うけど、いま、それを見て違和感を感じている自分はじゃあなんなんだろうという気持ち。いつも気分をタダで振りまいてる気分屋さんなんだけど、それにしても乖離がある。

 

普段でもめちゃくちゃサイコパスな一面もあるし、急にふと落ち着いたり激しくなったりもするし、多重人格なんじゃないかって悩んだことあったけど、たぶんひろーくみてぜーんぶ自分なんだろうなあ。まるっと自分。

だからそれでいい。自己認知のひとつとして、それでいい。

 

初めてこの不思議な気持ちを文章に書いた、なんだかおもしろいねえ。