全然タメにならない無職(25歳/女)の日常。

なにもかもうまくいかないってこういうこと。笑 ひたすらオチなく弱音吐いたりしてます。あ、写真や絵が好きなのでそれもたまに。読んでる人のことは一切考えていません。

わたしのすきなところ。

 

 

f:id:u01235:20180828165759j:plain

 

は、ない!と思っていたのですが、何気ない瞬間に、「んふ。こういう自分意外とすきかも。」っていうところが見つかったので、書き留めておきたいと思います。

 

①歩いているだけでうきうきできるところ

最近だと、カフェのベランダにぶら下がっていたオーナメントが近江八幡名物『赤こんにゃく』に見えたり、ブロック塀?みたいなのがカロリーメイトに見えて「これは新発売のごま味かな〜」って思ったり。

あとは、木が風そよしているのを見てにんまりしたり、空が全部絵に見えたり。

基本的に一人のときは、新生児の赤ちゃんのように焦点があんまり合ってなくてぼやーっとしてる感じなので、急に立ち止まったり首かしげたりしちゃうけど、それもなんだか世界観があっていい。(仲の良い友達に『はやしワールド』と言われることがあるけどそれも割とうれしい。いつも歩いているとき振り回しちゃうのに付き合ってくれてありがとう。)

 

②鼻歌と独り言が多いところ

今日気づいたんですが、大好きなカフェオレをスーパーで選んでいるときに、足でリズムを取りながら「カッフェオーレが、飲みたいの♪」の歌を鼻歌してた。

っていうか、鼻歌の動詞ってなに?鼻歌を歌う?鼻で歌う?鼻?

あとはぶつぶつぶつぶつ一人で話してる。一人のときによくしゃべる。

「???」ということかもしれないけど、歌うことが好きなのと音楽を聞くと体が動いてしまうという、自分らしさがすんごく出ていてとても好きな姿。元気な証拠。

 

③色彩センスはないけれど、謎に色にこだわりがあるところ

好きな色は、青・緑・茶。その中でも食べちゃいたいくらい大好きな茶色(ミルクチョコレートじゃなくて。むしろカカオ72%のビターなチョコが好き)、とかいろいろあるけど、なんかこだわりって色に限らずあるの楽しい。し、人のこだわりを知るのもたのしい。

あとは、0は黒、1は赤、2は青、3は黄という固定概念(?)。それ以外の色やとなーんかちがうなぁって細胞がゾワゾワする。で、そのゾワゾワしてる時間もたのしい。べつにね、それ以外の色だからといって「ダッッッッッッッサ!」とかは思わんのやけど。

 

はい。この3つです。

別に人に誇れることでもないし、何かの役に立つわけでもないんですが、この「くふ。こういうとこあるな〜、きらいじゃないかも、じゃあもう好きでいいや。大事。自分らしいかも。」を大切にしたいなあと思います。

 

えー!このわたしが2日連続でブログ書いてるー!はなまる。

あ、ちなみに一番初めの写真は、京都の紫陽花を見に行ったときに、フォントフェチ心(全然詳しくないから詳しいことは絶対に聞かないで)をくすぐりにくすぐられたやつ。かすれ具合も最高。ありがとう時代。